グリーンスムージーと酵素ドリンクを手作りに価値はある?市販が一番じゃない?

酵素やグリーンスムージーを始めよう。そうきめたときに浮かぶのが手作りVS市販。という選択肢。

グリーンスムージーを自宅で作る。酵素ドリンクを発酵させて自宅で作る。この需要は爆発的に増え。。。ませんでしたよね。たぶん。グリーンスムージーダイエットの魅力を履き違えてしまうと市販じゃなくて手作りに走るのかもしれません。

一次的に手作りの方が新鮮だし酵素が取れるみたいな風潮がありましたが最近は聞かなくなりました。

日本全国で酵素を自宅で作り続けているという実態は調査不可能なのでわからないですけど、私の知人とかまわりの話で酵素を自宅で作り続けているのと言う人はほとんどいません。市販の酵素を買ってダイエットしているとか、飲み続けていると言う人はたくさんいますけどね。

酵素ドリンクの作り方はめちゃくちゃ手間がかかる

酵素ドリンクを自宅で作る方法、作り方はレシピサイトにいけばただで手に入る時代です。試しに、「酵素ドリンク 作り方」なんか検索すれば100種類くらいのレシピが見つかるでしょう。やー本当に便利な時代になったもんだ。

でもですね、レシピ見るとやる気無くすと思いますよ。酵素ドリンクを完成させるまでの期間は1~2週間くらいかかります。あと気になるのが野菜など扱いが難しいものを酵素ドリンクにしている人が少ないです。というかいない? フルーツ系の食材を酵素ドリンクにしている人が多いですが、市販の酵素ドリンクに配合されている食材と比較すると少しさみしい感じですね。しかも食材を増やせば増やすほどコストは上がる一方です。

時間という手間をかけて、お金をかけているのに、市販よりもクオリティが低い酵素ドリンクをいちいち自宅で作る意味ってあるのでしょうか。私はないと答える派です。

例えば、家でお料理を作る、チーズケーキをつくるという楽しむ為に作るのであれば大いにアリだと思います。お子さんとかに手作りの楽しさを教育するとかも面白いですよね。発酵って小さいと腐っているというイメージを持っている子が多いと思うのですが、そんなことないんだよという教育にもなるでしょうし。

あくまでも、ダイエットドリンクとして効率、資金面を考えた時に圧倒的に市販の方が良いという意味合いで手作りする意味ってないよねという話です。

グリーンスムージーは比較的楽に作れるが市販の方が良い?

酵素ドリンクと比べると、比較的グリーンスムージーはミキサーにかけるだけですから時間的手間は少なくなります。これはこれでありだと思います。

新鮮な野菜を毎日ミキサーにかけて飲むのは脳みその気分的にもよさそうですしね。

但し、市販で売られているパックに詰められた粉を溶かすタイプのグリーンスムージーのほうが、やはり食材が豊富と言うのは目を背けられません。

健康食品は大量につくっていますから、自宅でちょっと作るよりもやはりお得感が違いますね。

好き好きと目的にもよりますが、こういった側面を考えてみると自宅で酵素ドリンクやスムージーをつくるのは価値が無いのかなと私的には考えています。